MENU

資格を取得していないネイリストもいるの?

ネイルサロンでネイルの施術をしてもらう場合、
技術力の高いネイリストにネイルをしてもらいたいと思うでしょう。

 

しかしネイルサロンでネイリストとして働くのに、
必ずしも資格の取得は必須条件ではありません。

 

なぜかというと、ネイルの資格は国家資格ではないために、
資格がなくても他人にネイルの施術を行っても違法行為にはなりません。

 

そうは言っても、やはり無資格のネイリストにネイルの施術をしてもらう事は不安ですよね。

 

そのためネイルサロンのホームページで確認するか、
電話で予約を入れる時に資格の有無を問い合わせてみましょう。

 

もっとも最近はネイリストとして採用する時に、
ネイル検定の資格取得者を優先的に採用するお店が増えているようです。

 

資格取得者のネイリストが必ずしも技術を持ち合わせているのかというと、そうではありません。
なぜならネイル検定の資格を取得する事はそれほど難し事ではないからです。

 

2級なら2ヶ月程度、そして1級でも半年程度勉強すれば
資格を取得する事は可能でしょう。

 

つまり資格を取得しているネイリストでも、
未経験者で新入りの場合は技術力にあまり期待が出来ないと言えるでしょう。

 

そのため資格取得+実績(ネイリストとしての経験年数)も重要視するといいでしょう。
 

 

ただし、ネイルデザイン、ネイルアートはどんどん新しいモノが入っているので、
ネイリストの研修制度やキャリアアップ支援など、
体制が整っているネイルサロンを選ぶといいのかもしれません。

 

もちろん、あなた自身との相性もあり、
デザインの好みやイメージを正しく理解してくれる、そんなネイリストと出会いたいですね。